新着情報

芦北消防署からのお知らせ 火事と救急は119

 

『11月9日~15日は火災予防運動週間です』

 

この運動は、火災が発生しやすい気候となる時季を迎えるにあたり、火災予防思想の一層の普及を図り、もって、火災の発生を防止し、高齢者を中心とする死者の発生を減少させ、財産の損失を防ぐことを目的とするものです。
平成22年度全国統一防火標語は、 「消したかな」 あなたを守る 合言葉 です。
これからの季節、寒くなり火を扱う機会も増えてくると思いますので、火の取扱いには十分気を付けて下さい。

 

 

◆住宅防火 いのちを守る 7つのポイント

 

☆3つの習慣
寝たばこは、絶対やめる。
○ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。
○ガスこんろ等のそばを離れるときは、必ず火を消す

 

☆4つの対策
○逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する。
○寝具や衣類からの火災を防ぐために、防炎製品を使用する
○火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を備える
○お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。

9月9日は救急の日

 2010-8-17 18:12

               「9月9日は救急の日」

救急車は、けがや病気などで急いで病院に搬送しなければならない傷病者のためのものです。

緊急ではないのに救急車を要請すると、本当に救急車を必要とする病気や事故が発生した場合に、救急車の到着が遅れ、救える命が救えなくなる恐れがあります。

救急車は緊急性のある病気やケガのときに利用し、病院までの交通手段がないから等の安易な考えで利用しないようにしましょう。

救急車が必要かどうか迷った時には芦北消防署(82-4731)までご相談ください。



※芦北消防署には救急車が1台しかありません。助け合いの心を持って救急車の適正な利用をお願い致します。

”消防署の仕事は・・・”




津奈木中学校2年生6人が7月6日から8日までの3日間、水俣消防署で職場体験学習を行いました。

規律訓練から始まり救助資機材取扱い、救急法、救助訓練、放水訓練、サーキットと厳しい訓練を弱音吐くことなく頑張りました。

最初は不安と楽しみが入り混じっていましたが、日を追う毎に生徒達からは質問や訓練に対して要求が出るなど、生き生きとした表情に変化していったのが印象的でした。


-水俣芦北消防本部からのお知らせ-
 

 

通信指令室では、一般電話から119番通報に対応するため、通報場所が瞬時に表示できる「発信地表示システム」を運用しています。
このシステムは、現住所とNTT電話帳に記載されている住所が違っていた場合は、場所特定に時間を費やし、出動が遅れてしまう場合があります。
確認後、間違いがありましたらNTT(116)番に連絡し、訂正していただきますようよろしくお願いします。(無料です)

 

(問合せ先)
水俣芦北消防本部 通信指令室
電 話    63-1191

この度、水俣芦北広域行政事務組合消防本部のホームページを正式にオープンいたしました。

各種申請書のダウンロードも、行えます。

地域の皆様に安心頂けるよう、当ホームページも管理更新してまいります。

今後とも、当ホームページ(水俣芦北広域行政事務組合消防本部)を宜しくお願い申し上げます。

消防年報
聴覚者ダウンロード

申請書ダウンロード

申請書ダウンロード

女性活躍FACEBOOK

水俣市

芦北町

津奈木町

熊本県