新着情報

寄付金贈呈

 2011-11-17 9:29

 

11月15日、水俣芦北消防本部2階講堂において、寄付金の贈呈式が行われました。
前芦北町長で現在は芦北保育園長の前田将様は、今年の6月に自宅で具合が悪くなった際、駆けつけた救急隊員の迅速的確な応急処置と励ましの言葉に感激され、「高規格救急車と高度救命資器材の購入にお使いください。」と、このたび寄付金3千万円を贈呈していただきました。 
寄付金は地域住民のため有効に活用して、更なる救急活動の向上に取り組んでいきたいと思います。

 

 

 平成23年度水俣芦北広域行政事務組合消防本部職員採用試験合格者を発表致します。

下記よりダウンロードしてご確認ください。

平成23年度水俣芦北広域行政事務組合消防本部職員採用試験合格者

平成23年11月1日(火)水俣芦北地区防火管理者連絡協議会主催による第27回水俣芦北地区屋内消火栓操法 大会が、男子11チーム、女子5チームの参加により水俣芦北広域消防本部において実施されました。

大会結果は次のとおりです。

※男子の部

優 勝 東海カーボン(株)田ノ浦工場 
準優勝 生活協同組合 水光社
三 位 JNC開発(株)
会長賞 JNC(株)水俣製造所  

 

 

※女子の部

優 勝 JNC(株)水俣製造所
準優勝 介護老人保健施設 新清苑
三 位 芦北町役場
会長賞 介護老人保健施設 やすらぎ苑

 

火事と救急は119

この運動は、火災が発生しやすい時季を迎えるにあたり、火災予防思想の普及を図り、火災の発生を防止し、火災による死傷者及び財産の損失を防ぐことを目的として、毎年「119番の日」である11月9日から実施しているものです。

平成23年度全国統一防火標語は、「消したはず 決めつけないで もう一度」です。
これからの季節、寒くなり火を扱う機会も増えてくるので、火の取扱いには十分気を付けてください。
 
住宅防火 いのちを守る 7つのポイント !
 
 ★3つの習慣
 ・寝たばこは、絶対やめる。
 ストーブ、燃えやすいものから離れた位置で使用する。
 ・ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。
 
 ★4つの対策
 ・逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する。
 ・寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する。
 ・火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置する。
 ・お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

火事と救急は119

 

みなさん、「消防水利」を知っていますか?消防水利とは、消火栓や防火水槽、海や川、学校のプールなどがあります。

 これらの消防水利は、火災が発生した時、消火活動に使用する水を供給するもので、消火活動には欠かすことのできないものです。消火栓や防火水槽の多くは、道路脇や歩道上にあり、標識が設置されていたり、蓋が黄色にマーキングされています。

 消防署では、定期的に調査を行い、消防水利に異状がないか確認をしています。

しかし、火災発生時に消火栓や防火水槽付近に車両などの障害物があると、

消火活動に支障をきたす場合があります。

日頃から、みなさんのご理解とご協力をお願いします。


 

 

夏休みに入り、海水浴やプール、川遊び等、水と接することが多く、この時期には毎年各地で水難事故が発生しています。水難事故が発生しないように次のような点に注意しましょう。

 

保護者や監視者の注意点
・子供が遊んでいる時は目を離さないようにしましょう。
・子供だけで海や川では遊ばせないように注意しましょう。
・プールサイドは滑りやすいので、走らせないようにしましょう。

 

泳ぐ人の注意点
・体調がすぐれない時は、泳ぐのは控えましょう。
・準備体操はしっかりしてから泳ぎましょう。
・子供たちだけでの水遊びはやめましょう。
・泳いでいる時に、ふざけあったりするのはやめましょう。
・飲酒してから泳ぐのはやめましょう。

 

万が一事故が発生したら・・・
・大きな声で助けを呼び、119番通報し、救急・救助要請をしましょう。
・一人で助けに行くことは二次災害の危険性があるのでやめましょう。
・できるのであれば、浮輪や長い棒、ロープなど身近なものを活用し救助しましょう。

津奈木中学校体験学習

 2011-7-26 17:00

消防署の仕事は・・・


津奈木中学校2年生7人が7月5日と7日の2日間、水俣消防署で職場体験学習を行いました。
水俣消防署長から消防業務内容等の説明を受けた後、規律訓練や救助資器材取扱い訓練、空気呼吸器取扱い訓練、ロープの結索訓練や救急法と厳しい訓練を一生懸命頑張りました。
7日には芦北消防署が熊本県防災航空隊と合同で行った訓練を見学に行きました。間近で防災ヘリ「ひばり」を見ることができて、とても興奮していました。
最初はあいさつも小さく、機敏な動きもできませんでしたが、訓練を重ねる毎に大きな声もでるようになり、動きにもメリハリが出てたくましく成長していく姿が見られました。


津奈木中学校体験学習

平成23年度甲種防火管理講習会につきまして、講習会のご案内と申込書をダウンロードいただけます。

●23年度甲種防火管理講習会案内PDF形式(58.4kb)

●甲種防火管理講習会受講申込書PDF形式(68.1kb)

●甲種防火管理講習会受講申込書WORD形式(55.0kb)

各種資料は上記より、ダウンロード頂きご提出ください。

 






 

熱中症は、梅雨明け後の7月~8月の蒸し暑い日に多く発生しています。熱中症とは、体温調節がうまくできなくなり、体内に熱がこもってしまい、それと同時に体内の水分と塩分のバランスが失われ、めまい・けいれん・吐き気・頭痛・意識障害など他にも様々な症状が引き起こされます。

特に、子供や高齢の方、体調が万全でない方は熱中症に注意が必要です。


熱中症の予防

1 炎天下や非常に暑い場所での長時間の運動や作業はさけましょう。  

2 体調が悪い時は、暑い場所での行動はさけましょう。         

3 外出時には、こまめに涼しい所で休憩しましょう。          

4 こまめに水分と塩分の補給をしましょう。


熱中症になったら

1 衣服をゆるめて風通しを良くしましょう。

2 クーラーの効いた室内や涼しい木陰に移動しましょう。

3 冷たいタオルや冷たいペットボトルなどを首の回りや脇の下、足の付け根に置き、うちわなどであおぎながら体を冷やしましょう。

4 自分で飲めるようなら、水分補給をさせましょう。

5 症状が改善されない場合は早めに医療機関で受診しましょう。

 

平成23年6月1日から全ての住宅に住宅用
火災警報器の設置が義務化されました。



住宅火災で亡くなった方のうち6~7割は「逃げ遅れ」が原因で命を落としています。火災の発生を早く知ることが出来ていれば、助かった方も多かったのではないかと推測されます。このような背景を踏まえ、住宅火災による死者数の低減を目的とし、平成16年に消防法が改正され、一戸建住宅やアパート、マンションなどに住宅用火災警報器などの設置が義務付けられました。


設置場所
・寝室:煙感知器(就寝に使用する部屋の天井又は壁面に設置します。)
・階段:煙感知器(就寝に使用する部屋がある階の階段の踊り場の天井又は壁面に設置します。)

☆注意 
・天井の場合は住宅用火災警報器の中心を、壁又は梁から60㎝以上離す。
・エアコン等吹き出し口付近の取り付けの場合、吹き出し口から150cm以上離す。
・壁面の場合は住宅用火災警報器の中心が天井から15~50㎝以内に来るように取り付ける。

住宅用火災警報器の選び方

消防年報
聴覚者ダウンロード

申請書ダウンロード

申請書ダウンロード

女性活躍FACEBOOK

水俣市

芦北町

津奈木町

熊本県