新着情報

平成23年6月1日から全ての住宅に住宅用
火災警報器の設置が義務化されました。



住宅火災で亡くなった方のうち6~7割は「逃げ遅れ」が原因で命を落としています。火災の発生を早く知ることが出来ていれば、助かった方も多かったのではないかと推測されます。このような背景を踏まえ、住宅火災による死者数の低減を目的とし、平成16年に消防法が改正され、一戸建住宅やアパート、マンションなどに住宅用火災警報器などの設置が義務付けられました。


設置場所
・寝室:煙感知器(就寝に使用する部屋の天井又は壁面に設置します。)
・階段:煙感知器(就寝に使用する部屋がある階の階段の踊り場の天井又は壁面に設置します。)

☆注意 
・天井の場合は住宅用火災警報器の中心を、壁又は梁から60㎝以上離す。
・エアコン等吹き出し口付近の取り付けの場合、吹き出し口から150cm以上離す。
・壁面の場合は住宅用火災警報器の中心が天井から15~50㎝以内に来るように取り付ける。

住宅用火災警報器の選び方

東日本大震災の被害に遭われた方々に謹んでお見舞い申し上げます。
被害に遭われた方々には多大なご苦労、ご心労があるかとは存じますが早急な復旧を心よりお祈り申し上げます。
当消防本部からも緊急援助隊として出向しましたが、まだまだ復興には時間が掛かります。私たちがここから出来る支援を考え行い、そして復興に協力していきましょう。

 

地震対策について大切な10のポイント


 熊本県下救急隊員の生涯教育の一環とし「第37回熊本県救急教育セミナー」を下記のとおり実施
します。
国保水俣市立医療センターの廣瀬医師を招いての講演会及び救急活動の検証会等を実施しますが、
救急活動に興味及びご理解のある方の多数の参加をお願いします。



1、日 時 平成23年5月14日(土)14時00分~16時00分
              受付時間:13時30分

2、場 所 「つなぎ文化センター」  TEL:0966-78-3096

3、主 催 •熊本県メディカルコントロール協議会
   共 催 •水俣芦北地域メディカルコントロール協議会
            •水俣芦北広域行政事務組合消防本部

4、その他 案内図については別紙参照
(PDFはこちらからダウンロードいただけます)

 

連絡先 水俣芦北広域行政事務組合消防本部
警防課 救急係
担当者:田口・塚原・松本
TEL 0966-63-1191
FAX 0966-63-7090
Email:tagushin@mafd119.com

 

 

 

芦北消防署火災・救急平成22年出動状況

 


1、火災出動件数7件(前年比-7件)
(1)火災種別件数


(2)原因別件数


2、救急出動件数686件(前年比+55件)
※搬送件数  650件
※搬送人員  659人
(1)事故種別


3、救助出動件数17件(前年比-6件)


当消防本部は3月14日(月)、熊本県からの出動指示を受け、緊急消防援助隊を被災地に派遣しました。同援助隊の出動は当消防本部初です。


阪神大震災を教訓に全国で創設された部隊で、今回派遣された熊本県隊は、熊本市消防局を指揮隊に、消火、救助、救急、後方支援の各チーム29隊106人で、消防車、救急車、救助工作車などの編成です。


出発式では本部で宮本市長、芦北町役場で竹﨑町長の激励を受け、5人の職員が車両2台で被災地へ向け出発しました。

 

活躍を期待します!!

 



 

住宅用火災警報器の設置は済みましたか?



住宅火災で亡くなった方のうち6~7割は「逃げ遅れ」が原因で命を落としています。火災の発生を早く知ることが出来ていれば、助かった方も多かったのではないかと推測されます。このような背景を踏まえ、住宅火災による死者数の低減を目的とし、平成16年に消防法が改正され、一戸建住宅やアパート、マンションなどに住宅用火災警報器などの設置が義務付けられました。

・新築住宅については平成18年6月1日から。
・既存住宅については平成23年6月1日が設置義務化の期日です。


設置場所
・寝室:煙感知器(就寝に使用する部屋の天井又は壁面に設置します。)
・階段:煙感知器(就寝に使用する部屋がある階の階段の踊り場の天井又は壁面に設置します。)

☆注意 
・天井の場合は住宅用火災警報器の中心を、壁又は梁から60㎝以上離す。
・エアコン等吹き出し口付近の取り付けの場合、吹き出し口から150cm以上離す。
・壁面の場合は住宅用火災警報器の中心が天井から15~50㎝以内に来るように取り付ける。

住宅用火災警報器の選び方

自動車やバイクを運転中に、後ろからサイレンを鳴らし、赤色灯を点灯させた消防車や救急車などの緊急自動車が近づいてきたという経験をされた方は多いのではないでしょうか?その時、スムーズに消防車や救急車などに進路を譲ることは出来ましたか?

 

 

 

消防車や救急車などは、いち早く現場に到着するために、道路の右側にはみ出して走行することや、赤信号の交差点に進入出来るなど、一般車両には認められていない優先走行権が道路交通法で認められています。しかし、これらの緊急自動車も一般車両の協力を得てこそスムーズに走行することができます。
 

自動車等を運転中に緊急自動車が接近してきた場合は進路を譲っていただき、一刻も早く災害現場に到着できるようご協力お願いします。

食べ物による窒息事故は、比較的寒い季節に多く発生しており、これからの季節は 注意が必要です。
特に年末年始には、餅料理を食べる機会が増えることから、12月から1月にかけて餅による窒息事故が多くなっています。
特に幼児や65歳 以上の高齢者に多く発生していますので十分注意して食べましょう。


来る、平成22年11月10日(水)10:00~13:00まで、水俣芦北地域幼少年婦人防火委員会主催による第8回水俣芦北地域幼年消防大会が、水俣芦北地域の12幼年消防クラブが参加し、水俣市立総合体育館において実施されました。
当日は会場の体育館内には、子供達の元気な声が館内いっぱいに響き渡りました。
また各種演技も元気に披露し、会場のご来賓やご家族から大きな声援をいただくなど、盛会のうちに終了することができました。

大会参加クラブは次のとおりです。
●津奈木幼稚園幼年消防クラブ(遊戯)「火消しこ組(くみが)出動(はしる)」
●津奈木保育園幼年消防クラブ
●水俣さくら保育園幼年消防クラブ(伝承芸能)水俣の棒踊り
●田浦保育所幼年消防クラブ
●水俣保育園幼年消防クラブ・津南保育園幼年消防クラブ(鼓隊演奏)
●吉尾保育園幼年消防クラブ(遊戯)「ファンファーレ~ウィー・アー・ザ・ワールド」
●大野保育所幼年消防クラブ
●芦北幼稚園幼年消防クラブ
●湯浦保育所幼年消防クラブ(通常点検)
●明光幼稚園幼年消防クラブ(明光南波太鼓)
●水俣幼稚園幼年消防クラブ(バルーン演技)「まあるい いのち」

※( )演技披露クラブ

演技披露

 

わんぱく広場

 

 

これからの季節、ますます寒くなり、火を取り扱う機会が多くなってきます。
そこで、次のことに注意しましょう!


燃料タンクのふたの閉めつけが不完全で、ストーブに灯油をこぼし、出火した事例が数多く発生しています。


カーテンの近くでストーブを使ったり、ストーブの上に洗濯物を干していませんか?また、ストーブのそばで殺虫剤等のスプレー類を使用するのも危険です。




コンセント等にプラグが完全に差し込まれていないと、たまったほこりや湿気等により出火の危険性があります。


タコ足配線やコードを束ねて使用すると、コードが発熱し火災になる恐れがあります。

消防年報
聴覚者ダウンロード

申請書ダウンロード

申請書ダウンロード

女性活躍FACEBOOK

水俣市

芦北町

津奈木町

熊本県