新着情報

夏休みに入り、海水浴やプール、川遊び等、水と接することが多く、この時期には毎年各地で水難事故が発生しています。水難事故が発生しないように次のような点に注意しましょう。

保護者や監視者の注意点
・子供が遊んでいる時は目を離さないようにしましょう。
・子供だけで海や川では遊ばせないように注意しましょう。
・プールサイドは滑りやすいので、走らせないようにしましょう。

1
泳ぐ人の注意点
・体調がすぐれない時は、泳ぐのは控えましょう。
・準備体操はしっかりしてから泳ぎましょう。
・子供たちだけでの水遊びはやめましょう。
・泳いでいる時に、ふざけあったりするのはやめましょう。
・飲酒してから泳ぐことはやめましょう。

万が一事故が発生したら・・・
・大きな声で助けを呼び、119番通報し、救急・救助要請をしましょう。
・一人で助けに行くことは二次災害の危険性があるのでやめましょう。
・できるのであれば、浮輪や長い棒、ロープなど身近なものを活用し救助しましょう。

火災出動状況 救急出動状況
火災種別 出動件数 救急種別 出動件数 救急種別 出動件数
建 物 3件 急  病 456件 労働災害 5件
車 両 1件 一般負傷 114件 加  害 2件
林 野 1件 交通事故 24件 火  災 1件
その他 1件 水難事故 0件 そ の 他  
合 計 6件 自損行為 6件 (転院搬送) 165件
    運動競技 8件 合 計 781件

 

1

 

平成29年の火災出動件数は6件、救急出動件数は781件でした。前年と比べて火災出動件数は3件増加し、救急出動件数は79件少なくなりました。

 

空気が乾燥し火災が発生しやすい時期ですので火気の取扱いには十分注意しましょう。また、最近は交通事故が多発しております。交通事故の大半の原因は運転手の不注意や油断によるものです。周囲に目を配り安全運転を心掛けましょう。

  日頃から消防車両の緊急走行に対してご協力いただき、ありがとうございます。消防車や救急車は一刻も早く災害・救急現場に到着して活動するため、道路交通法で「緊急自動車」として、一般の車両より優先走行することが認められています。円滑な緊急走行のために以下の点に注意していただき、より一層のご理解とご協力をお願いします。

 1

•カーブ等の対向車の見通しの悪い場所を避け、速やかに進路を譲ってください。
•交差点付近では、交差点への進入を避け、道路の左側に寄って一時停止してください。
•狭い道路などで停車する場合は、消防車や救急車の通行に支障がないように配慮してください。
•複数の車両で出動することもあります。緊急走行している後続車にもご注意ください。
•消防車や救急車が高速道路などの本線に合流しようとしている時は、その進行を妨げないようにしてください。
•道路状況によっては反対車線を走行する場合もありますので、対向車線を運転する際にも注意してください。
 
 

救急隊からのお願い

 骨折やめまい、脳出血等が疑われる傷病者を病院へ搬送する際、状態が悪くならないように低速で走行する場合があります。ご迷惑をお掛けしますが、ご理解とご協力をお願いします。

 


空気が乾燥し火災が発生しやすい季節になりました。芦北町では過去5年間に33件の火災が発生し、うち18件の建物火災が発生しています。年間平均にすると1年間に約4件の建物火災が発生しています。火の取り扱いには十分に注意し、不注意から発生する火災をなくしましょう。

 

1
  <住宅防火 いのちを守る 7つのポイント>
          ―3つの習慣・4つの対策―

  

(3つの習慣)

   ○寝たばこは、絶対やめる。

    ○ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。

    ○ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。

 

(4つの対策)

    ○逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する。

    ○寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する。

     ○火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置する。

      ○お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。

消防年報
聴覚者ダウンロード

申請書ダウンロード

申請書ダウンロード

女性活躍FACEBOOK

水俣市

芦北町

津奈木町

熊本県