新着情報

 水俣芦北広域行政事務組合消防本部は、平成26年9月1日(月)、消防本部、水俣消防署の完成に伴い落成式を挙行しました。

新消防庁舎には、最新の機器を備えた高機能指令センターや各種災害等に対応できる訓練塔を備え、高度な技術を習得し、消防活動が迅速かつ的確に行われるように万全を期しました。

また、災害時には、地域住民の避難場所として、また、防災拠点の要として機能を充分発揮できるよう、職員一丸となって邁進します。

 

1

 平成26年9月25日(木)八代海上保安署と城南ブロック消防本部では、熊本県内での大規模災害等における救助体制の向上と連携強化を図るため、鹿児島海上保安部所属巡視船「さつま」の潜水士と、城南ブロック消防本部水難救助隊(八代広域消防本部・水俣芦北広域消防本部・人吉下球磨広域消防本部・上球磨広域消防本部)との合同潜水訓練を、水俣港緑埠頭前面海面において行いました。

  

1

 

2

 

3

 ☆☆☆ AED講習会のお知らせ ☆☆☆

 
“救急の日”の行事 市民のための救急講座
つなぎましょう命のリレー、あなたがつとめる第一走者
 「学校で、職場で、誰かが急に倒れたら
・・・AEDを知っていますか?使えますか?」
 
と題しまして講演会及び救急隊員による心肺蘇生法・AEDの実技指導を下記の日程で行います。皆様の多数のご参加をお待ちしています
メイン会場】熊本交流会館パレア
講演会        「AEDの基礎知識 
                     松 園 幸 雅 氏 (荒尾市民病院救急科部長兼ICU部長)
                「AEDが効果的な場合とは
                     田 代 尊 久 氏(悠愛病院副院長/NPO法人熊本ACLS協会理事長)
                「AEDはどこにある?どう使う?そのあとは?
                     池 松 英 治 氏(熊本市消防局救急課)
                「よきサマリア人の法とは何のことですか?
                      木 下 順 弘 氏 (熊本県メディカルコントロール協議会長)
 


インターネット中継

水俣会場】水俣病情報センター
1 日  時  平成26年9月14日(日)
                午後2時00分から4時00分まで
2 場  所  水俣市明神町「水俣病情報センター」 ※ 参加料無料
3 内  容  ①心肺蘇生法
                ②AED(自動体外式除細動器)の体験コーナー         
4 問合せは、消防本部警防課 清田まで 電話 63-1191
 

 

平成26年度甲種防火管理資格取得講習会の開催について(ご案内)

 

 

1.講習日時 平成26年9月18日(木)、19日(金)9時00分~16時00分
2.講習場所 水俣芦北広域行政事務組合消防本部 1階多目的ホール
3.申込期間 8月18日(月)~8月22日(金)
4.定員 70人(ただし、申込期間内にあっても定員になり次第締め切ります。)
5.申 込 先 消防本部予防課、水俣消防署及び芦北消防署
6.申込要領 (1)受講希望者は、別紙の申込書に必要事項を記入し、テキスト代4,600円と証明写真     2枚(うち1枚は受講申込書に貼付のこと)を添えて申し込んでください。
(2)証明写真は、6ヵ月以内に撮影した枠なし縦4cm、横3cmの大きさで、正面からの       上三分身像、無帽、無背景のもの。(裏面に氏名、撮影年月日を記入して下さい。)
7.注意事項

(1)講習会を遅刻、早退した場合又は1日間だけの受講の場合は、修了証の交付はでき      ません。
(2)テキストは、当日、会場で配布します。
(3)講習会には各自、筆記用具、昼食を準備してください。

8.申込書

申込書はこちら→甲種防火管理講習会受講申込書(word)
                   甲種防火管理講習会受講申込書(PDF)
記入例はこちら→甲種防火管理講習会受講申込書(記入例)

 第43回全国消防救助技術大会(水上の部)出場

 

県内12消防本部から選手が出場し、6月24日に人吉市民プールで「第40回熊本県消防救助技術大会(水上の部)」が行われ、日頃の訓練の成果を競い合いました。水俣芦北消防本部から、個人種目に9人、団体種目に8チームが出場しました。

 大会の結果は、個人種目の「複合検索」で加々尾士長が1位、団体種目では、「水中結索」で松本隊員チーム(松本祐真消防士、菊川浩平消防士、森本紘史副士長)が1位を獲得、「溺者搬送」では寺下隊員チーム(寺下士長、溝部消防士)が2位を獲得し、8月27日に千葉市で行われる「第43回全国消防救助技術大会」への切符を掴み取りました。

 全国大会で皆さんの期待に応えられるように毎日訓練に励んでいます。皆さんのご声援をよろしくお願いします。

taikai  

写真(前列)

左から宮本(たけ)(ひろ)司令補(監督)、菊川(こう)(へい)消防士(水中結索)、松本(ゆう)()消防士(水中結索)

森本紘史(こうし)長(水中結索)、迫本(まさ)(ふみ)士長(助監督)

 

◎写真(後列)

 左から加々尾泰裕(やすひろ)士長(複合検索)、寺下(しょう)()士長(溺者搬送)、溝部萌子(もえこ)消防士(溺者搬送)

応急手当の正しい知識と技術を身につけるため、救急法の講習会を実施します。

身近な人が倒れたとき、救急車が到着するまでの応急手当が尊い命を救います。

また、講習を受講後3年経過した人は、再講習を受けられますようお願いします。

 

 

1 日 時 平成26年7月13日(日)
午前9時00分から12時00分までの3時間
2 場 所 水俣芦北広域行政事務組合消防本部 2階講堂
3 対象者 中学生以上20人程度
4 内 容 心肺蘇生法 AED取扱い、その他の応急手当等の実技
5 申込期間 平成26年6月23日(月)から平成26年7月9日(水)まで
※申込書は水俣消防署、芦北消防署にあります。
また、ホームページからもダウンロード出来ます。

<普通救命講習ダウンロードはこちらから>

必要事項を記入し、最寄りの消防署に提出してください。
6 お問合せ 消防本部警防課まで 電話 63-1191
7 受講料

修了者には修了証を交付します。受講料無料

※ 過去に本講習会を受講され修了証をお持ちの方は、

       申込書提出時に一緒に提出をお願い致します。

 1

救命の連鎖

つなぎ文化センターで、熊本県救急教育セミナーが開催されます。

今回は「周産期救急」をテーマに講演及びデモンストレーションが行われます。

多数の参観をお待ちしています。

 

日  時  平成26年5月17日(土)14時から

場  所  つなぎ文化センター

主  催  熊本県メディカルコントロール協議会

共  催  水俣芦北地域メディカルコントロール協議会

       水俣芦北広域行政事務組合消防本部

 

(問い合わせ先)

水俣芦北広域行政事務組合消防本部

担当 警防課 清田

電話 0966-63-1191

 「第60回文化財防火デー」に伴う消防訓練

昭和24年1月26日に、法隆寺金堂から出火した火災で、世界的至宝と言われた金堂の壁十二面に描かれた仏画の大半が焼損しました。昭和30年に消防庁と文化庁の共唱により1月26日を「文化財防火デー」と定め、文化財建造物等における防火運動が全国各地で展開されています。管内でも1月22日~27日にかけて、水俣市の「徳富蘇峰生家」、芦北町佐敷の「武徳殿」、同じく芦北町田浦の「赤松館」においてそれぞれ消防訓練を実施しました。この訓練は、住民の文化財愛護に関する意識の高揚を図るため、また文化財の防災体制の整備や防災対策の強化を再認識するため、毎年行っています。

 
2
 

 

 平成25年11月24日(日)水俣芦北地域幼少年婦人防火委員会主催による第29回防火委員会対抗ビーチボールバレー大会が、14チーム(消防署2チーム)の参加によりB&G津奈木町海洋センター体育館において実施されました。

大会結果は次のとおりです。
 

 平成25年11月13日(水)水俣芦北地域幼少年婦人防火委員会主催による第9回水俣芦北地域幼年消防大会が管内の幼年消防12クラブ(244名)の参加により、水俣市立総合体育館・浜中央公園運動場で開催され、参加団体の交流と親睦、幼年消防クラブ員の健全な育成と活動の強化が図られました。

 

taikai

消防年報
聴覚者ダウンロード

申請書ダウンロード

申請書ダウンロード

女性活躍FACEBOOK

水俣市

芦北町

津奈木町

熊本県