新着情報

 6月3日(日)から6月9日(土)までの7日間は「危険物安全週間」です。

 

 

危険物とは、消防法で定められているもので、ガソリンや灯油、油性塗料類など私たちの身近で使用されているものもあり、ひとたび火災が発生すると激しく燃えて被害を大きくする物品です。

そのため、取扱いを誤ると一瞬のうちに拡大し大惨事へとつながる危険性があります。

職場やご家庭で、身の周りにある危険物の性質や使い方を十分に理解し、絶対に事故を起こさないようにしましょう。

2 
※危険物の事故を防ぐポイント
・危険物は子供が触れないように管理しましょう。
・危険物は、高温になる場所に保管しないようにしましょう。
・危険物の収納容器のふたは確実に閉めましょう。
・屋内で危険物を取り扱う時は、定期的に空気を入れ替えましょう。
・火のそばでは、危険物の取扱いをしないようにしましょう。
・ストーブなどの燃料補給は、必ず火を消してから行いましょう。
火災出動状況 救急出動状況
火災種別 出動件数 救急種別 出動件数 救急種別 出動件数
建 物 3件 急  病 456件 労働災害 5件
車 両 1件 一般負傷 114件 加  害 2件
林 野 1件 交通事故 24件 火  災 1件
その他 1件 水難事故 0件 そ の 他  
合 計 6件 自損行為 6件 (転院搬送) 165件
    運動競技 8件 合 計 781件

 

1

 

平成29年の火災出動件数は6件、救急出動件数は781件でした。前年と比べて火災出動件数は3件増加し、救急出動件数は79件少なくなりました。

 

空気が乾燥し火災が発生しやすい時期ですので火気の取扱いには十分注意しましょう。また、最近は交通事故が多発しております。交通事故の大半の原因は運転手の不注意や油断によるものです。周囲に目を配り安全運転を心掛けましょう。

 水俣市の文化財を守れ!

 
1月26日の文化財防火デーを前に水俣市の文化財「徳富蘇峰・蘆花生家」と「蘇峰記念館」で24日防火訓練が実施され、職員の方々が火災発見から119番通報、初期消火、避難誘導などを行いました。
「徳富蘇峰・蘆花生家」は寛政年間に建てられた貴重な建築的価値を持った文化財で、今回は敷地東側に建つ「衣屋蔵」から出火したと想定、発見から通報、消火、避難誘導さらに消防隊到着時における現場案内など実際の動きを確認した後、水消火器の取扱い訓練を実施しました。
貴重な文化財と訪れる人たちを守るためにも早期の通報、消火、避難の大切さと何よりも日頃から防火を心掛けるという意識を高めることができました。
 
1

 つなぎ文化センターで、熊本県救急教育セミナーが開催されます。

今回は「DNAR(終末期救急)」をテーマに講演及びディスカッションが
行われます。
多数の参観をお待ちしています。
 
■日  時  平成30年2月21日(水)14時から
■場  所  つなぎ文化センター
■主  催  熊本県メディカルコントロール協議会
■共  催  水俣芦北地域メディカルコントロール協議会
          水俣芦北広域行政事務組合消防本部
 
 
(問い合わせ先)
水俣芦北広域行政事務組合消防本部
担当 警防課 寺川
電話 0966-63-1191
 
消防年報
聴覚者ダウンロード

申請書ダウンロード

申請書ダウンロード

女性活躍FACEBOOK

水俣市

芦北町

津奈木町

熊本県