新着情報

熱中症に注意しましょう!

 2017-8-1 9:00

 連日暑い日が続いていますが、気温や湿度が高い時には「熱中症」の危険があります。
熱中症とは、体温調節がうまくできなくなり、体内に熱がこもってしまい、それと同時に体内の水分と塩分のバランスが失われ、めまい・けいれん・吐き気・頭痛・意識障害など、様々な症状が引き起こされます。
熱中症は必ずしも炎天下で無理に運動したときだけでなく、特に乳児やお年寄りは冷房のない暑い室内や車の中に長時間いるだけでも生じます。


熱中症の予防
・炎天下や非常に暑い場所での長時間の作業やスポーツは避けましょう。
・外出時は帽子をかぶる、日傘をさすなど、直接日光にあたらないようにしましょう。
・体調が悪いときは無理をしないようにしましょう。
・こまめに水分補給と休憩をとりましょう。

 1

熱中症かな?と思ったら
・涼しいところへ移動し、衣服をゆるめましょう。
・冷たいタオル等を脇の下や足の付け根に置き、体を冷やしましょう。
・自分で飲めるようであれば水分補給(スポーツドリンク等)をさせましょう。
・症状が改善されない場合は、早めに医療機関で受診されるか救急車を呼びましょう。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.mafd119.com/modules/d3blog/tb.php/199
消防年報
聴覚者ダウンロード

申請書ダウンロード

申請書ダウンロード

女性活躍FACEBOOK

水俣市

芦北町

津奈木町

熊本県