新着情報

火災の予防について

 2017-6-1 9:00

 

 先月は芦北管内で2件の建物火災が発生しました。火災は地震などと違い、普段からの心掛けで予防することができるので、今回は自宅で出来る予防法を紹介したいと思います。
 
まず、火災の原因で多い順に「放火」「たばこ」「コンロ」となっています。「放火」には「放火の疑い」も含まれていますが、2番目の「たばこ」、3番目の「コンロ」に比べると圧倒的に多いです。
1「放火」の予防法
・建物の周りに雑誌や新聞などの燃えやすいものを置かない
・不審者を敷地内に入れない
※空き巣対策のセキュリティサービスなども放火の予防には効果的です。
2「たばこ」の予防法
・寝たばこをしない
・吸殻は水で完全に消火する
※寝たばこで布団にたばこが落ちると、しばらくは無炎燃焼(炎を出さずに燃え広がる)を続け、気付いた時には手遅れとなる場合があります。
3「コンロ」の予防法
 ・火を着けたままコンロから離れない
 ・コンロの周りに燃えやすい物を置かない
 ・換気扇やコンロ周りの壁、グリルなどを定期的に掃除する

※死傷者の発生した火災で、コンロから着衣に火が付いた事例もあります。コンロの上や奥にある調味料を取る時には、火を消しましょう。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.mafd119.com/modules/d3blog/tb.php/194
消防年報
聴覚者ダウンロード

申請書ダウンロード

申請書ダウンロード

女性活躍FACEBOOK

水俣市

芦北町

津奈木町

熊本県