新着情報

「第61回文化財防火デー」に伴う防災訓練

 2015-2-3 14:20

 昭和24年1月26日に、法隆寺金堂から出火した火災で、世界的至宝と言われた金堂の壁十二面に描かれた仏画の大半が焼損しました。昭和30年に消防庁と文化庁の共唱により1月26日を「文化財防火デー」と定め、文化財建造物等における防火運動が全国各地で展開されています。管内でも1月26日~27日にかけて、水俣市の「徳富蘇峰記念館」「徳富蘇峰・蘆花生家」、芦北町の「武徳殿」と「赤松館」においてそれぞれ防災訓練を実施しました。この訓練は、住民の文化財愛護に関する意識の高揚を図るため、また文化財の防災体制の整備や防災対策の強化を再認識するため、毎年行っています。

 

 

「赤松館(国登録有形文化財藤崎家住宅)」防災訓練 (1月26日)

1

 

2

 

 

 

「徳富蘇峰記念館」・「徳富蘇峰・蘆花生家」防災訓練 (1月27日)

3

 

4

 

 

 

「武徳殿(登録有形文化財)」防災訓練  (1月27日)

5

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.mafd119.com/modules/d3blog/tb.php/132
消防年報
聴覚者ダウンロード

申請書ダウンロード

申請書ダウンロード

女性活躍FACEBOOK

水俣市

芦北町

津奈木町

熊本県